肘部管症候群・肘部尺骨神経障害

原因

尺骨神経がなんらかの要因で肘部管(肘関節内側)に圧迫されることにより発生します。
代表的な末梢神経障害の一つで、手の痺れ、脱力の原因となります。

症状

尺骨神経の領域(薬指の小指側と小指、手のひらと甲の小指側)が痺れたり感覚が鈍くなったりします。神経の障害が進行すると、尺骨神経が支配する筋肉の筋力が低下し筋肉が萎縮(やせ)してしまい、手に力が入りにくくなることがあります。

診断

特徴的な症状の聴取が大切です。

チネル様
徴候
肘部管部を指で圧迫しハンマーでたたくと、小指から薬指にかけてしびれが走ります。
肘屈曲試験 肘関節を屈曲すると、肘部管部での尺骨神経の圧迫が強くなるので、症状が強くなります。
神経伝導速度
検査
尺骨神経を電気で刺激して、肘部管の部分で神経への電気の流れが悪化していることを確認します。

治療

治療は軽症であれば投薬と安静で軽快します。日常生活では肘関節の屈曲をなるべくしないように注意します。肘関節を屈曲しないようにする装具を装着する場合もあります。このような治療が効果ないか筋力低下があるようであれば手術治療を考慮したほうが良いです。しかし、筋肉が痩せてしまったような場合には、改善が悪い傾向があります。手術方法は色々な方法があり病態に応じて最適な方法を選択しますが、通常は局所麻酔で顕微鏡下に尺骨神経を剥離し除圧します。