医師紹介

脳神経外科

林 靖人 (はやし やすと)

林 靖人
経歴:
日本医科大学卒業
職歴:
日本医科大学付属病院 脳神経外科
林脳神経外科内科クリニック 開院
林脳神経外科メディカルクリニック

井上 剛 (いのうえ ごう)

井上 剛
経歴:
1998年4月 慶應義塾大学法学部政治学科入学
1999年4月 同大学文学部 心理学専攻編入学
2002年3月 同大学同学部卒業
2003年4月 東海大学医学部 3年次 編入学
2007年3月 同大学同学部 卒業
2007年4月 東海大学医学部付属病院 初期臨床研修医
2009年4月 東海大学医学部 脳神経外科 後期研修医
2013年8月 日本脳神経外科専門医取得 
2014年8月-2017年3月
 Duke University Medical Center
 Department of Neurosurgery
 Chief Researcher of Skull Base Laboratory
2017年11月より現職
語学:
日本語 英語
資格:
日本脳神経外科専門医
所属:
Member of North American Skull Base Society
日本脳神経血管内治療学会
日本認知症学会
日本頭痛学会

メッセージ:
脳卒中、頭痛、認知症といった脳神経外科全般だけでなく、これまでは 頭蓋底腫瘍を専門に手術を行ってきました。 脳腫瘍手術のメッカであり、脳神経外科の世界的権威を擁するDuke大学では解剖の研究、教科書の執筆、新たな手術法の研究を学びました。現在はこれらの経験を生かし林脳神経外科メディカルクリニックにて皆様の脳の健康を守るために日々診療をしています。
幼少期にニューヨークにて5年間、その後も2度の留学経験があり英語での診察・コミュニケーションも可能です。

Contributions to Textbook

1: Surgery of the Skull Base. Springer
Konig A, Spetzger U (eds) 2018

Chapter 5 Tumors of the Skull Base
Chapter 6 Vascular Lesions of the Skull Base

2: Surgery of the Brainstem. New York: Thieme
Kalani MYS, Spetzler RF (eds), 2018

Chapter 10 Skull base approaches to the lateral brainstem and cranial nerves

Publications
1: Occurrence of spot signs from hypodensity areas on precontrast CT in intracerebral hemorrhage.
Nishiyama J, Sorimachi T, Aoki R, Inoue G, Matsumae M.
Neurol Res. 2017 May;39(5):419-425. doi: 10.1080/01616412.2017.1297341. Epub 2017
Feb 25. PubMed PMID: 28240039.

2: Subdural Hematomas Associated with Arachnoid Cysts:
Significance in Young Patients with Chronic Subdural Hematomas. Takizawa K, Sorimachi T, Honda Y, Ishizaka H, Baba T, Osada T, Nishiyama J, Inoue G, Matsumae M. Chronic
Neurol Med Chir
(Tokyo). 2015;55(9):727-34. doi: 10.2176/nmc.oa.2015-0016. Epub 2015 Sep 4.
PubMed PMID: 26345665; PubMed Central PMCID: PMC4605080.

3: Risks and benefits of CT angiography in spontaneous
intracerebral hemorrhage.
Hotta K, Sorimachi T, Osada T, Baba T, Inoue G, Atsumi H, Ishizaka H, Matsuda M, Hayashi N, Matsumae M.
Acta Neurochir (Wien). 2014 May;156(5):911-7. doi:
10.1007/s00701-014-2019-7. Epub 2014 Mar 7. PubMed PMID: 24604136; PubMed Central PMCID: PMC3988523.

4: The striate artery, hematoma, and spot sign on coronal images of
computed tomography angiography in putaminal intracerebral hemorrhage. Stroke.
Sorimachi T, Osada T, Baba T, Inoue G, Atsumi H, Ishizaka H, Hotta K, Hayashi N, Matsumae M.
2013 Jul;44(7):1830-2. doi: 10.1161/STROKEAHA.113.001498. Epub 2013 May 14.
PubMed PMID: 23674525.

5: Newly developed electromagnetic tracked flexible
neuroendoscope.
Atsumi H, Matsumae M, Hirayama A, Sato K, Shigematsu H, Inoue G, Nishiyama J, Yoshiyama M, Tominaga J.
Neurol Med Chir (Tokyo). 2011;51(8):611-6. PubMed PMID: 21869588.

6: Multimodality imaging suite: neo-futuristic diagnostic imaging
operating suite marks a significant milestone for innovation in medical
technology.
Matsumae M, Koizumi J, Tsugu A, Inoue G, Nishiyama J, Yoshiyama M, Tominaga J, Atsumi H.
Acta Neurochir Suppl. 2011;109:215-8. doi:
10.1007/978-3-211-99651-5_33. PubMed PMID: 20960345.

森原 啓文 (もりはら ひろふみ)

森原 啓文
経歴:
2003年4月 京都大学医学部附属病院脳神経外科 脳神経外科 専攻医
2004年7月 赤十字病院脳神経外科 脳神経外科 専攻医
2005年4月 愛媛大学医学部付属病院 脳神経外科 専攻医
2005年9月 市立宇和島病院脳神経外科 脳神経外科 専攻医
2009年4月 愛媛県立南宇和病院 脳神経外科 専門医
2011年4月 National Neuroscience Institute, Department of Neurosurgery Service Registrar
2017年4月より現職
語学:
日本語 英語(Fluent)
資格:
日本脳神経外科専門医
Membership of the Royal College of Surgeons of Edinburgh (MRCSEd)
日本脳神経外科学会 同時通訳団会員

メッセージ:
2009年に脳神経外科専門医を日本で取得し、その後英国圏での外科医師資格であるイングランド王立外科医師会会員をEdinburhg(United Kingdom)にて取得しております。2011年より中華系国民が多くを占めるシンガポールにあるシンガポール国立神経研究所に勤務することとなりました。渡星後はシンガポールメディカルハブの中心地であるノビナに位置するタントクセン病院に勤務したのち、その後チャンギ空港そばにあるチャンギ総合病院にて常勤医として勤務しておりました。2300床を有するシンガポール総合病院でもNICU(Neuro Intensive Care)にて脳血管障害・重症頭部外傷をメインに臨床に従事しておりました。シンガポールという他民族国家で中華系・マレー系・インド系などの多民族文化圏で7年間勤務しておりました。現在は林メディカルクリニックに勤務し、今までの経験を生かして日々患者様のお力になれるよう診療を行っております。

Daisuke SHODA, Kiichiro ZENKE, Kohei KOHNO, Hirofumi MORIHARA, Takao HATAKEYAMA, “Dorsal Aneurysms of the Internal Carotid Artery –Two Cases-”
Ehime Igaku. 2007. 26 (3): 258 (in Japanese)

Daisuke SHODA, Kiichiro ZENKE, Kohei KOHNO, Hirofumi MORIHARA, Takao HATAKEYAMA “A Case of Giant Intracavernous Internal Carotid Artery Aneurysm” Ehime Igaku. 2008. 27 (2): 148 (in Japanese)

Hirofumi MORIHARA, Takao HATAKEYAMA, Kiichiro ZENKE, Daisuke SHODA, Satoshi FUJIWARA “Thrombolytic Therapy for Patients with Acute Ischemic Stroke in Uwajima City Hospital” Nanyo Igaku. 2008. vol. 9 (1) (Topics): 6-13. (in Japanese)

Hirofumi MORIHARA, Kiichiro ZENKE, Daisuke SHODA, Satoshi FUJIWARA, Satoshi SUEHIRO, Takao HATAKEYAMA “Intraorbital Encephalocele in a Adult Patient Presenting with Pulsatile Exophthalmos -Case Report-” accepted in April, 2010 for publication in the Journal of Neurologia medico-chirurgica.

Hirofumi MORIHARA,
JSSFN Newsletter Summer 2013 海外施設紹介, the Japan Society for
Stereotactic and Functional Neurosurgery

CONFERENCE/WORKSHOP PRESENTATIONS

Year 2015
26th of March, 2015
44th annual meeting of the japanese society on surgery for cerebral stroke
“Moyamoya disease in Singapore: Establishment of national database and management”

Year 2013
19th of Sep, 2013
Annual general meeting 2013, Thursday 19 September 2013, Trader’s Hotel, Singapore “Long-term outcomes of Moya-moya disease in Singapore”

10th of Sep, 2013
15th World Congress of Neurosurgery 2013, Sep 8 -13, 2013, COEX Convention Centre, Seoul, Korea “Revascularization of Adult Moyamoya Disease in Singapore”

Year 2012
8 December, 2012
The 13th Vietnamese congress of Neurosurgical Surgeons, December 6th-8th 2012, HCMC, Vietnam. “Moyamoya Disease in Singapore”

17 Sep, 2012
the 71st Annual Meeting of the Japan Neurosurgical Society (JNS2012), 17-19 October, 2012, Osaka.
“Surgical Management of Adult Patients With Moyamoya Disease In Singapore - A Decade of experience ”

Year 2010
Conference Presentation at the 101th Ehime Neurosurgical Conference "Hemorrhage in septum pellucidum associated with developmental venous anomaly -Case Report-" (in Japanese)

Year 2009
Conference Presentation at the 68th Annual Meeting of the Japan Neurosurgical Society "Transient Global Amnesia Diagnosed by Abnormal Lesions in Bilateral Hippocampus on Diffusion-weighted MRI - two cases-”

Conference Presentation at the 9th Autumn Brain Conference in Dogo "Gamma Knife Radiosurgery-induced Cavernous Malformation in a Adult Patient -Case Report-" (in English) Ehime, Japan

Year 2008
Conference Presentation at the 66th Annual Meeting of the Japan Neurosurgical Society " Effectiveness of Sylvian Drainage for Patients in Ruptured Middle Cerebral Artery Aneurysms with Subarachnoid Hemorrhage with Massive Sylvian Hematomas”

Conference presentation at the 66th Chushi Division of The Japan Neurosurgical Society "Late Onset of Growing Fracture of the Orbital Roof in a Patient Presenting With Pulsatile Exopthalmos -Case Report-” (in press by another title, see BIBLIOGRAPHY)

Year 2006
Conference Presentation at the 91th Ehime Neurosurgical Conference "A Family of von Hippel Lindau disease”

Conference Presentation at the 92th Ehime Neurosurgical Conference "A Case of Acute Subdural Hematoma in a Child with bilateral pupillary dilatations”

Conference Presentation at the 61th Chushi Division of The Japan Neurosurgical Society "A Case of Glioblastoma Purely Fed by External Carotid Artery”

Year 2005
Conference Presentation at The 64th Chushi Society of Brain Tumor Research "A Case Report of Lhermitte-Duclos disease with Diffuculty in Diagnosis”

Year 2004
Conference presentation at the 48th the 48th Kinki Regional Meeting of the Japan Neurosurgical Society "DNT Involving a Dominant Hemisphere in a Patient Presenting with Epilepsy -Case Report-”

Year 2003
Conference presentation at the 58th Kinki Division of The Japan Neurosurgical Society "Usefulness of Neuro Navigation in a Patient with Intractable Epilepsy for Corpus Callosotomy -Case Report-”

● 愛媛医学 | 平成19年(単・共)
内頸動脈前壁動脈瘤の二例:正田大介, 善家喜一郎, 高野昌平, 森原啓文: 2007. 26 (3): 258

● 愛媛医学 | 平成20年(単・共)
内頚動脈海綿静脈洞巨大動脈瘤の一例:正田大介, 善家喜一郎, 高野昌平, 森原啓文, 畠山隆雄: 2008. 27 (2): 148

● 南予医学 | 平成20年(単・共)
市立宇和島病院における急性期脳梗塞に対するrt-PA静注療法の現状(原著論文):森原 啓文, 畠山 隆雄, 善家 喜一郎, 正田 大介, 藤原 聡: 2008. vol. 9 (1) Topics): 6-13

● Neurol Med Chir (Tokyo) | 平成22年(単・共)
” Intraorbital Encephalocele in a Adult Patient Presenting with Pulsatile Exophthalmos -Case Report-”  Morihara H, Zenke K, Shoda D, Fujiwara S, Suehiro S, Hatakeyama T.:2010.50(12):1126-8.

● 脳神経外科速報 | 平成25年(単・共)
【World Report】 海外脳外科最新事情 ―シンガポール臨床留学のススメ(1) 著者: 森原啓文:23巻1号, 94-96 (2013)

● 脳神経外科速報 | 平成25年(単・共)
【World Report】 海外脳外科最新事情 ―シンガポール臨床留学のススメ(2) 著者: 森原啓文:23巻3号, 342-343 (2013);

森本 大二郎 (もりもと だいじろう)

森本 大二郎
経歴:
日本医科大学および同大学院卒業
日本医科大学付属病院および派遣病院勤務
釧路労災病院脳神経外科部長
日本医科大学脳神経外科病院講師、医局長
資格:
日本脳神経外科学会 専門医
日本脊髄外科学会 認定医・指導医・代議員
日本脊髄障害医学会 評議員
脊椎脊髄外科専門医
所属:
日本脳神経外科学会
日本脊髄外科学会
日本脊髄障害医学会
日本腰痛学会
末梢神経の外科研究会 世話人
日本仙腸関節研究会 世話人

メッセージ:
脳神経外科のなかで脊椎脊髄、末梢神経障害を専門にしています。殿皮神経障害や仙腸関節障害などの腰痛性疾患にも対応しています。手足のしびれや痛み・力がはいりにくい、歩きにくい、首・腰・殿部の痛み、などの症状でお困りでしたら、ご相談ください。患者さんとよく相談し、最適な治療を提供いたします。

1. Morimoto D, et al. Deep decompression of the lateral femoral cutaneous nerve under local anesthesia. World Neurosurg 118:e659-e665,2018

2. Morimoto D, et al. Long term outcome of surgical treatment for superior cluneal nerve entrapment neuropathy. spine 15: 783-8, 2017

3. Morimoto D,et al. Surgical treatment for posttraumatic hemorrhage inside a filum terminale myxopapillary ependymoma: a case report and literature review. Eur Spine J 25 :239-44,2106

4. Morimoto D, et al. Microsurgical Decompression for Peroneal Nerve Entrapment Neuropathy. Neurol Med Chir.55(8):669-73,2015

5. Morimoto D, et al. Proximal Entrapment Neuropathy of the Median Nerve above the Elbow-Case Report.Journal of Nippon Medical School 82(6) 287-289, 2015

6. Morimoto D, et al. Surgical treatment of superior cluneal nerve entrapment neuropathy – Technical note. J Neurosurg Spine 19(1),71-75,2013

7. Morimoto D, et al. Microsurgical medial fenestration with an ultrasonic bone curette for lumbar foraminal stenosis. J Nippon Med Sch 79 (5), 327-334, 2012

8. Morimoto D, et al. Unexplained lower abdominal pain associated with sacroiliac joint dysfunction: report of 2 cases. J Nippon Med Sch 78(4), 257-260, 2011

9. Morimoto D,et a. Transient uptake of thallium-201 into a cerebral infarction: a case report. Journal of Nippon Medical School 75(6):344-346,2008

10. Morimoto D,et al. Phosphorylation of cAMP response element binding protein (CREB) as a marker of hypoxia in pituitary adenoma. Journal of neuro-oncology 79(2):143-150,2006

1. 森本大二郎ら.専門医に求められる最新の知識 脊椎脊髄 頸椎X線画像読影のポイント.脳神経外科速報29:854-861,2019

2. 森本大二郎ら.中殿筋障害の診断と治療.脊椎脊髄ジャーナル32:135-139,2019

3. 森本大二郎ら.末梢神経障害の手術におけるモニタリング. 脊椎脊髄ジャーナ25:1105-1110,2018

4. 森本 大二郎ら. 脊椎・脊髄腫瘍. 神経疾患最新の治療2018-2020,2018

5. 森本 大二郎. 専門医に求められる最新の知識 脊椎脊髄 腰痛診療の最新知見. 脳神経外科速報 26:256-263,2016

6. 森本大二郎ら.症候性脊椎脊髄病変に合併した足根管症候群の治療成績. 脳神経外科速報24:1016-1024,2014

7. 森本大二郎ら. 上殿皮神経障害の外科的治療成績.脊髄外科28:86-89,2014

8. 森本大二郎ら. 腰椎椎間孔狭窄症の診断と治療. 脊髄外科27:145-152,2013

9. 森本大二郎ら. 肘部管症候群の診断と治療について.脊椎脊髄ジャーナル25:1105-1110,2012

10. 森本大二郎ら.仙腸関節障害の治療経験. 脊髄外科 24:6-11,2010

1.森本大二郎 .しびれ,痛みの外来Q&A―脊椎脊髄外来の疑問に答える. 中外医学社, 2017年(分担)

2. 森本大二郎 .脳神経外科手術のコンパス−術中機能・画像情報モニタリングマニュアル (新NS NOW 8)メジカルビュー社,2016年(分担)

3. 森本大二郎.「超」入門 手術で治すしびれと痛み: 脳神経外科医,整形外科医,ペインクリニック医のための/絞扼性末梢神経障害の診断・手術/Web動画付き. メディカ出版,2016年(分担)

4. 森本大二郎. 脳神経外科M&Mカンファランス.メジカルビュー社,2016年(分担)

5. 森本大二郎.触れてわかる腰痛診療―画像でわからない痛みをみつけて治療する. 中外医学社,2015年(分担)

6. 森本大二郎.クリニカルスタッフのためのしびれ・痛み診療と薬物治療. 中外医学社, 2014年(分担)

7. ここ大事!痛み、しびれがつらい患者さんへの看護: チームで取り組む脳神経外科、整形外科の実践. 照林社, 2013(分担)

8. しびれ、痛みの外来診療―そのポイントとコツを教えます. 中外医学社,2012(分担)

9. 痛み・しびれの脊椎脊髄外科-治療の効果とレビュー.medical view, 2012(分担)

10. しびれ,痛みの外来Q&A―脊椎脊髄外来の疑問に答える.中外医学社,2010(分担)

その他の業績はこちら https://researchmap.jp/dmorimoto/

消化器内科

高木 謙太郎 (たかぎ けんたろう)

高木 謙太郎
経歴:
2007年 東京慈恵会医科大学医学部医学科 卒業
2007年〜2009年 東京慈恵会医科大学附属柏病院 初期研修
2009年〜2012年 東京都立墨東病院 消化器内科
2012年〜2018年 東京都保健医療公社豊島病院 消化器内科
語学:
日本語
資格:
総合内科専門医
日本消化病学会専門医
消化器内視鏡専門医

メッセージ:
内視鏡専門医による苦痛なく、安全で正確な内視鏡を受けることが出来ます。

腹水を契機に発見され化学療法が奏功した原発性腹膜腺癌の1例
高木謙太郎1), 田村睦1), 渡邊彩子1), 早坂淳之助1), 岡本英子1), 北詰晶子1), 近藤真由美1), 柴山隆男1), 末延豊2), 大鷹美子2), 秋田英貴3), 鄭子文3)
1)東京都保健医療公社豊島病院消化器内科, 2)東京都保健医療公社豊島病院産婦人科, 3)東京都保健医療公社豊島病院検査科
日本癌局所療法研究会 プログラム・抄録集 36(suppl):164-164, 2014.

経口胆道鏡 (Spy Glass DS) によって至適な術式を決定しえた広範囲胆管癌の1例
高木謙太郎1), 今井健一郎2), 大山文子1), 北村まり1), 田村睦1), 唐鎌優子1), 近藤真由美1), 阿美克典2), 鄭子文3), 樋口亮太4), 山本雅一4)
1)東京都保健医療公社豊島病院消化器内科, 2)東京都保健医療公社豊島病院外科, 3)東京都保健医療公社豊島病院病理検査科, 4)東京女子医科大学消化器外科
Progress of Digestive Endoscopy(2001年から) 90(suppl):5138-5138, 2016.

本田 泰教 (ほんだ やすのり)

本田 泰教
経歴:
1988年02月06日生
2006年 兵庫県私立灘高等学校卒業
2013年 信州大学医学部医学科卒業
2013年 日本赤十字社医療センター初期研修医
2015年 日本赤十字社医療センター消化器内科
2018年 株式会社Roland Berger コンサルタント
2019年 当院内科
2019年 株式会社OPE×PARK 代表取締役
資格:
内科救急医
内科認定医
産業医
加入学会:
内科学会
消化器病学会
内視鏡学会

メッセージ:
医師かつ起業家という二つの顔を持つ「アントレドクター」として活動。患者や医療現場が抱える課題の解決を目指すことをミッションとしております。現場で一人一人の患者様に全力で向き合うのがモットーです。先生の顔をみたら安心すると思っていただけるような医師を目指しこれからも努力していく所存ですので、お困りのことがあれば何でも気軽にご相談ください。

・Effective control of skin reaction by air sandwich technique in a patient with IgE-κ myeloma treated with subcutaneous bortezomib injection

・168 lesions of advanced Hepatocellular Carcinoma treated with Cyber knife

乳腺外科

貴志 美紀 (きし みき)

貴志 美紀
経歴:
2007年 香川大学医学部卒業
2008年 香川労災病院 外科
2014年 がん研究会有明病院 乳腺外科(2020年4月~非常勤)
資格:
日本外科学会 専門医
日本乳癌学会 専門医
検診マンモグラフィ読影認定医(AS評価)
乳房超音波講習会試験(A評価)

メッセージ:
これまで一般外科医、その後乳腺外科医として診断から治療に携わってまいりました。これからも皆様に安心できる医療をご提供できるよう邁進いたします。少しでも気になる症状がございましたら、気軽にご相談ください。

放射線科医師

黒﨑 貴久 (くろさき たかひさ)

黒﨑 貴久
経歴:
2013年 順天堂大学医学部医学科卒業
2013年 日本赤十字社医療センター初期研修医
2015年 聖路加国際病院放射線科
資格:
放射線専門医
検診マンモグラフィ読影認定医(AS評価)
乳房超音波認定医

メッセージ:
CTやMRI、マンモグラフィなどの画像診断を専門としています。日本は諸外国と比較しても画像検査が非常に多く行われており、日本の高い医療レベルに貢献している分野のひとつだと思います。診療に当たる医師へ的確な情報を伝える「Doctor's Doctor」となれるよう精勤してまいります。

放射線技師

児嶋 亮一 (こじま りょういち)

児嶋 亮一
経歴:
2003年 鈴鹿医療科学大学 保健衛生学部 放射線技術科学科 卒業
2003年~2008年 島脳神経外科整形外科
2008年8月より現職
資格:
診療放射線技師

メッセージ:
 2003年より主に脳神経外科の現場でMRIやCTなどの撮影に携わってきました。放射線技師という立場ではありますが、所見が見つかった場合、その後の対応一つで患者様の予後に影響を及ぼしかねないという緊張感の中、患者様の些細な変化に気付ける観察力や、症状とは一致しない所見を見つけ出す読影力を身に付けられるよう、日々努めています。
 当クリニックでは、医療連携として他の医療機関からMRIやCT検査などの依頼を受けております。2008年にMRIを導入してから約200施設の先生方にご利用いただくまでとなりました。ご依頼いただく先生が少しでも診断しやすい画像を提供するため、これからも撮影技術向上に努めていきます。

江藤 祐美 (えとう ゆみ)

江藤 祐美
経歴:
2011年 日本文理大学医療専門学校 診療放射線学科卒業
2012年〜2015年 京都ブレストセンター沢井記念乳腺クリニック
2015年〜現在 林脳神経外科メディカルクリニック
その他、複数の乳腺専門施設や検診施設に所属(現在)
資格:
第2種放射線取扱主任者試験合格
診療放射線技師免許
マンモグラフィー撮影技師認定

メッセージ:
京都市内ある乳腺専門施設にてMRI.CT.RI.MMG.USなどの幅広い分野で多くの撮影経験を得ました。乳腺超音波に関しては、鹿児島県にある女性疾患に特化した医療機関にて、専門的な研修を行い、知識や技術を身につけました。
現在までにマンモグラフィーの撮影人数は4万人程に達しています。
日本では日本乳がん検診精度管理中央機構が定める基準に沿って、施設にあるマンモグラフィー撮影装置の施設画像評価の認定を取得しなければなりません。
当院のマンモグラフィー装置に関しても、私たち撮影技師が日常的に正確な精度管理を行い、高い画像評価を頂いています。
乳腺疾患は働き盛り世代の女性に一番患わりやすい疾患であり、死亡率も上昇傾向な疾患だけに、早期発見・早期治療に役立つ画像を撮影するためにも、今後も学会や勉強会にも参加し、更なる知識や資格習得に向けて、日々精進しています。

臨床検査技師

川上 美奈子 (かわかみ みなこ)

江藤 祐美
経歴:
1983年4月 北里大学 衛生学部 衛生技術学科(現、医療衛生学部医療検査学科) 入学
1987年3月 同大学 卒業
1987年4月 聖路加国際病院 臨床検査科 入職
2012年7月 同病院 退職 非常勤として現在に至る
2014年6月 林脳神経外科メディカルクリニック 入職 非常勤として現在に至る
語学:
日本語
資格:
臨床検査技師
取得資格:超音波検査士(循環器領域)
日本乳がん検診精度管理中央機構乳房超音波講習会評価A
所属:
日本超音波検査学会
東京乳腺研究会

メッセージ:
聖路加国際病院で26年間にわたり臨床検技師として広く検査に携わってまいりました。この間培われた全人的な医療を幹として、今は当院で乳房超音波検査に従事しています。
年々増える乳がんは40から50歳代に多く、子育てや仕事に忙しい女性を襲う恐ろしい病です。早期発見をして、女性の人生の一助となりたいとの気持ちで日々の業務を行っています。
お越し頂いた際は、患者さまに寄り添い、個々に合わせた検査をさせていただきます。