医師紹介

脳神経外科

院長 林 靖人 (はやし やすと)

林 靖人
経歴:
日本医科大学卒業
職歴:
日本医科大学付属病院 脳神経外科
林脳神経外科内科クリニック 開院
林脳神経外科メディカルクリニック

副院長 井上 剛 (いのうえ ごう)

井上 剛
経歴:
1998年4月 慶應義塾大学法学部政治学科入学
1999年4月 同大学文学部 心理学専攻編入学
2002年3月 同大学同学部卒業
2003年4月 東海大学医学部 3年次 編入学
2007年3月 同大学同学部 卒業
2007年4月 東海大学医学部付属病院 初期臨床研修医
2009年4月 東海大学医学部 脳神経外科 後期研修医
2013年8月 日本脳神経外科専門医取得 
2014年8月-2017年3月
 Duke University Medical Center
 Department of Neurosurgery
 Chief Researcher of Skull Base Laboratory
2017年11月より現職
2022年日本頭痛学会専門医取得
    東京都認知症サポート医認定
語学:
日本語 英語
資格:
日本脳神経外科専門医
日本頭痛学会専門医
東京都認知症サポート医
所属:
Member of North American Skull Base Society
日本脳神経血管内治療学会
日本認知症学会
日本頭痛学会

メッセージ:
脳卒中、頭痛、認知症といった脳神経外科全般だけでなく、これまでは 頭蓋底腫瘍を専門に手術を行ってきました。 脳腫瘍手術のメッカであり、脳神経外科の世界的権威を擁するDuke大学では解剖の研究、教科書の執筆、新たな手術法の研究を学びました。現在はこれらの経験を生かし林脳神経外科メディカルクリニックにて皆様の脳の健康を守るために日々診療をしています。
幼少期にニューヨークにて5年間、その後も2度の留学経験があり英語での診察・コミュニケーションも可能です。

Contributions to Textbook

1: Surgery of the Skull Base. Springer
Konig A, Spetzger U (eds) 2018

Chapter 5 Tumors of the Skull Base
Chapter 6 Vascular Lesions of the Skull Base

2: Surgery of the Brainstem. New York: Thieme
Kalani MYS, Spetzler RF (eds), 2018

Chapter 10 Skull base approaches to the lateral brainstem and cranial nerves

Publications
1: Occurrence of spot signs from hypodensity areas on precontrast CT in intracerebral hemorrhage.
Nishiyama J, Sorimachi T, Aoki R, Inoue G, Matsumae M.
Neurol Res. 2017 May;39(5):419-425. doi: 10.1080/01616412.2017.1297341. Epub 2017
Feb 25. PubMed PMID: 28240039.

2: Subdural Hematomas Associated with Arachnoid Cysts:
Significance in Young Patients with Chronic Subdural Hematomas. Takizawa K, Sorimachi T, Honda Y, Ishizaka H, Baba T, Osada T, Nishiyama J, Inoue G, Matsumae M. Chronic
Neurol Med Chir
(Tokyo). 2015;55(9):727-34. doi: 10.2176/nmc.oa.2015-0016. Epub 2015 Sep 4.
PubMed PMID: 26345665; PubMed Central PMCID: PMC4605080.

3: Risks and benefits of CT angiography in spontaneous
intracerebral hemorrhage.
Hotta K, Sorimachi T, Osada T, Baba T, Inoue G, Atsumi H, Ishizaka H, Matsuda M, Hayashi N, Matsumae M.
Acta Neurochir (Wien). 2014 May;156(5):911-7. doi:
10.1007/s00701-014-2019-7. Epub 2014 Mar 7. PubMed PMID: 24604136; PubMed Central PMCID: PMC3988523.

4: The striate artery, hematoma, and spot sign on coronal images of
computed tomography angiography in putaminal intracerebral hemorrhage. Stroke.
Sorimachi T, Osada T, Baba T, Inoue G, Atsumi H, Ishizaka H, Hotta K, Hayashi N, Matsumae M.
2013 Jul;44(7):1830-2. doi: 10.1161/STROKEAHA.113.001498. Epub 2013 May 14.
PubMed PMID: 23674525.

5: Newly developed electromagnetic tracked flexible
neuroendoscope.
Atsumi H, Matsumae M, Hirayama A, Sato K, Shigematsu H, Inoue G, Nishiyama J, Yoshiyama M, Tominaga J.
Neurol Med Chir (Tokyo). 2011;51(8):611-6. PubMed PMID: 21869588.

6: Multimodality imaging suite: neo-futuristic diagnostic imaging
operating suite marks a significant milestone for innovation in medical
technology.
Matsumae M, Koizumi J, Tsugu A, Inoue G, Nishiyama J, Yoshiyama M, Tominaga J, Atsumi H.
Acta Neurochir Suppl. 2011;109:215-8. doi:
10.1007/978-3-211-99651-5_33. PubMed PMID: 20960345.

山口 翔史 (やまぐち しょうじ)

山口 翔史
経歴:
2012年3月 広島大学医学部医学科 卒業
2012年4月 広島大学病院 臨床研修医
2014年4月 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院 脳神経外科
2017年10月 NTT東日本関東病院 脳神経外科
2018年4月 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院 脳神経外科
2018年9月 日本脳神経外科専門医 取得
2019年7月 医療法人社団KNI 北原国際病院 脳神経外科
2023年4月より現職
他、国立成育医療研究センター、Cho-Ray Hospital(ベトナム)にて研修
資格:
日本脳神経外科専門医

メッセージ:
脳神経外科として脳卒中などの急性期治療に携わってきました。当院にてその経験を活かしつつ、皆さんの健康維持のお手伝いができればと思います。
脳に限りませんが、ほとんどの病気で生活習慣を始めとした日々の予防・定期的な検診がとても大事です。
調子が悪く脳・神経の病気が心配、ご家族に脳卒中の人が多い、健康診断で引っかかった、物忘れや動脈硬化が心配、友人・知人が脳や神経の病気になったと聞いた、などなど。ちょっとしたことでも構いません、お気軽にご相談ください。

消化器内科

佐藤 平 (さとう たいら)

佐藤 平
経歴:
2013年3月 新潟大学医学部卒業
2013年4月 さいたま赤十字病院 初期臨床研修医
2015年4月 さいたま赤十字病院 消化器内科 後期研修医
2018年4月 さいたま赤十字病院 消化器内科
2022年4月 現職
資格:
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本消化器病学会 専門医
日本がん治療認定医機構 認定医
日本内科学会 認定医
所属:
日本消化器内視鏡学会
日本消化器病学会
日本消化管学会
日本がん治療認定医機構
日本内科学会

メッセージ:
これまで消化器内科医として主に内視鏡検査、治療に携わってきました。
胃カメラや大腸カメラに不安感を持っている方も多いと思いますが、患者様に合わせて適切な鎮静剤の量や種類を選択し、大腸カメラに至っては軸保持短縮法という大腸を伸ばさずに畳みながら挿入していく手法を用いて、可能な限り苦痛のない内視鏡検査を心掛けています。
また、検査で全く異常がないのに胃もたれ等のお腹の症状が続く方は機能性消化管障害かもしれません。お困りの際は是非ご相談下さい。
その他にも肝臓、膵臓、胆嚢など消化器全般の疾患に対応させて頂きます。

乳腺外科

貴志 美紀 (きし みき)

貴志 美紀
経歴:
2007年 香川大学医学部卒業
2008年 香川労災病院 外科
2014年 がん研究会有明病院 乳腺外科(2020年4月~非常勤)
資格:
日本外科学会 専門医
日本乳癌学会 専門医
検診マンモグラフィ読影認定医(AS評価)
乳房超音波講習会試験(A評価)

メッセージ:
これまで一般外科医、その後乳腺外科医として診断から治療に携わってまいりました。これからも皆様に安心できる医療をご提供できるよう邁進いたします。少しでも気になる症状がございましたら、気軽にご相談ください。

放射線科医師

黒﨑 貴久 (くろさき たかひさ)

黒﨑 貴久
経歴:
2013年 順天堂大学医学部医学科卒業
2013年 日本赤十字社医療センター初期研修医
2015年 聖路加国際病院放射線科
資格:
放射線専門医
検診マンモグラフィ読影認定医(AS評価)
乳房超音波認定医

メッセージ:
CTやMRI、マンモグラフィなどの画像診断を専門としています。日本は諸外国と比較しても画像検査が非常に多く行われており、日本の高い医療レベルに貢献している分野のひとつだと思います。診療に当たる医師へ的確な情報を伝える「Doctor's Doctor」となれるよう精勤してまいります。

放射線技師

児嶋 亮一 (こじま りょういち)

児嶋 亮一
経歴:
2003年 鈴鹿医療科学大学 保健衛生学部 放射線技術科学科 卒業
2003年~2008年 島脳神経外科整形外科
2008年8月より現職
資格:
診療放射線技師

メッセージ:
 2003年より主に脳神経外科の現場でMRIやCTなどの撮影に携わってきました。放射線技師という立場ではありますが、所見が見つかった場合、その後の対応一つで患者様の予後に影響を及ぼしかねないという緊張感の中、患者様の些細な変化に気付ける観察力や、症状とは一致しない所見を見つけ出す読影力を身に付けられるよう、日々努めています。
 当クリニックでは、医療連携として他の医療機関からMRIやCT検査などの依頼を受けております。2008年にMRIを導入してから約200施設の先生方にご利用いただくまでとなりました。ご依頼いただく先生が少しでも診断しやすい画像を提供するため、これからも撮影技術向上に努めていきます。

江藤 祐美 (えとう ゆみ)

江藤 祐美
経歴:
2011年 日本文理大学医療専門学校 診療放射線学科卒業
2012年?2015年 京都ブレストセンター沢井記念乳腺クリニック
2015年?現在 林脳神経外科メディカルクリニック
その他、複数の乳腺専門施設や検診施設に所属(現在)
資格:
第2種放射線取扱主任者試験合格
診療放射線技師免許
マンモグラフィー撮影技師認定

メッセージ:
京都市内ある乳腺専門施設にてMRI.CT.RI.MMG.USなどの幅広い分野で多くの撮影経験を得ました。乳腺超音波に関しては、鹿児島県にある女性疾患に特化した医療機関にて、専門的な研修を行い、知識や技術を身につけました。
現在までにマンモグラフィーの撮影人数は4万人程に達しています。
日本では日本乳がん検診精度管理中央機構が定める基準に沿って、施設にあるマンモグラフィー撮影装置の施設画像評価の認定を取得しなければなりません。
当院のマンモグラフィー装置に関しても、私たち撮影技師が日常的に正確な精度管理を行い、高い画像評価を頂いています。
乳腺疾患は働き盛り世代の女性に一番患わりやすい疾患であり、死亡率も上昇傾向な疾患だけに、早期発見・早期治療に役立つ画像を撮影するためにも、今後も学会や勉強会にも参加し、更なる知識や資格習得に向けて、日々精進しています。

臨床検査技師

川上 美奈子 (かわかみ みなこ)

江藤 祐美
経歴:
1983年4月 北里大学 衛生学部 衛生技術学科(現、医療衛生学部医療検査学科) 入学
1987年3月 同大学 卒業
1987年4月 聖路加国際病院 臨床検査科 入職
2012年7月 同病院 退職 非常勤として現在に至る
2014年6月 林脳神経外科メディカルクリニック 入職 非常勤として現在に至る
語学:
日本語
資格:
臨床検査技師
取得資格:超音波検査士(循環器領域)
日本乳がん検診精度管理中央機構乳房超音波講習会評価A
所属:
日本超音波検査学会
東京乳腺研究会

メッセージ:
聖路加国際病院で26年間にわたり臨床検技師として広く検査に携わってまいりました。この間培われた全人的な医療を幹として、今は当院で乳房超音波検査に従事しています。
年々増える乳がんは40から50歳代に多く、子育てや仕事に忙しい女性を襲う恐ろしい病です。早期発見をして、女性の人生の一助となりたいとの気持ちで日々の業務を行っています。
お越し頂いた際は、患者さまに寄り添い、個々に合わせた検査をさせていただきます。